堂ヶ島温泉ホテル,口コミ
「堂ヶ島温泉ホテルの口コミは本当!?自慢の温泉はどんなん?」
「堂ヶ島温泉ホテル☆私の口コミレビュー!ココにちょいとモノ申す」

こんにちは!3日前にも地元の『神戸みなと温泉”蓮(れん)”』でホコホコしてきた当ブログの管理人☆【トモピコのおっぺけ物語】スットコドッコイ劇場の看板女優”トモピコ”です。


冬の温泉☆いいですよね~。あなたも温泉好きかしらん?

さて、去年の11月伊豆半島2泊3日のツアー旅行に母娘で参加してきた様子を、超スローペースで紹介しておりまする。


今回は、1日目にお泊まりしたお宿【堂ヶ島温泉ホテル】の私の正直☆口コミ体験レポ!


みんなの口コミでは、「とってもいいホテル」と「かなり残念なホテル」に、評価が極端に分かれていたりするんですよねー。


ま、実際に堂ヶ島温泉ホテルを訪れてみて、あらためて口コミを読んでみると、「ふ~~む、なるほど。こういうコトね~」なんて、ナットクしてみたり。



口コミや評価はすご~く個人的なこと。

だから、誰がなんと言おうと、最終的にどう感じるかはあなたのおココロ次第なんですよね~ん♪

トモピコトモピコ

ってことで、私のおココロ次第でレポします☆

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

ほな、「堂ヶ島温泉ホテルのぶっちゃけ口コミレポ」始まりますよ~ん






堂ヶ島温泉ホテル☆私の正直口コミ体験レポ!

堂ヶ島温泉ホテル,画像


堂ヶ島遊覧船めぐりで青の洞窟を堪能した後、そこから目と鼻の先にある堂ヶ島温泉ホテルが今日のお宿。

ここは海が目の前の高台にあって、美しい夕陽が自慢!


その上、伊豆半島内だけじゃなく、口コミでもお湯についてはポイントがかなり高いんですよ。

「国内でも穴場の名湯の温泉ホテル!」って、添乗員さんも太鼓判を押してるけど、それってホントかな~(´・ε・`)



堂ヶ島温泉ホテルは、堂ヶ島では唯一の源泉かけ流し温泉で、全国有数のアルカリ性(pH9.5)温泉。

実際に温泉に入ってみたら、、、

うんっ!「温泉通(つう)も唸る自慢の宿」と、言われるだけあって、確かにお湯はサイコー\(^o^)/

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

ほな、温泉は口コミどおりの高評価やなっ!




泉質は間違いなくトゥルンっ♡としておりまする。『神戸みな温泉【蓮(れん)】』よりも、トゥルン度が濃い感じ。

なんとも言えない気持ち良さが、体をトロリ~~ンと包んでくれますぞよっ!

もう、いつまでも入っていたいくらいの湯ざわりなのだっ☆


ただし、自分が思ってる以上に体は茹で上がっているので、つかりすぎには注意するべし!

お風呂上りは、しっとりスベスベのお肌にご満悦♪


もちろん温泉の飲用許可も取得済みなので、飲んで体の中からも美しくなりませう。

あ、でも、飲める場所は限られてるので、あしからず~。


それから、ホテル内はどの蛇口からも温泉水が出てくるのがポイント!


部屋についてる内湯はもちろん、洗面所の蛇口からも温泉水がジャーーっ。

これで顔を洗うと、やっぱ気持ちいいのよ~☆天然美肌水で洗顔した気分でございます。


あ、そうそう、堂ヶ島温泉ホテルで絶対ハズしちゃいけないのが、渚の露天風呂!


その名のとおり、渚をそのまま体感できる素晴らしい露天風呂なんですぞよっ\(^o^)/



温泉はもとより、堂ヶ島温泉ホテルから眺める夕日も口コミで花まる評価!


ツッコミ鳥ツッコミ鳥

そんな絶景を眺めながらの露天風呂は「1粒で2度おいしい」グリコアーモンドチョコに匹敵!?

トモピコトモピコ

渚の露天風呂は、朝か夕方の明るい時間がおすすめ☆冬の夕陽タイムはもう圧巻!

夜は暗いから、景色がわかりにくいもんね。

でも、お月様に照らされて、波音を聞きながらのロマンティック風呂も又よろしっ!d( ̄ε ̄〃)


ただし、ここは狭いので、すぐに満員になっちゃうのが気になるところ。

そんな時は、迷わずオーロラの湯(大浴場)に直行しましょ♪


ということで、堂ヶ島では唯一の源泉かけ流し温泉を持つ、堂ヶ島温泉ホテル。

さすがにお湯は文句なしの名湯!


だけど・・・


ツッコミ鳥ツッコミ鳥

だけど、何やねん?




実は、この堂ヶ島温泉ホテル・・・ハッキリ言って、め~~っちゃ年期入ってるねんっ!


そうなんです!

ここは、50年以上の歴史がホテルのあちこちに色濃く残る、一昔以上前の古いホテルでごじゃります。



ホテルのフロントに入ると、目の前の大きな窓からの素晴らしい景色とは裏腹に、ホテル自体は、くたびれた印象(ToT)


ぶっちゃけ、これから関係を深めていこうというワクワク♡ドキドキの若いカップルにはオススメしません!


ホテルから臨む風光明媚な伊豆の景色と夕日、自慢のかけ流し温泉に、「さぞ昔は、名実ともに西伊豆を代表する素晴らしい温泉宿だっただろうな~」って、すぐに想像できるけど。。。


ツッコミ鳥ツッコミ鳥

古びた建物で、熱い二人のムードが盛り下がる可能性大や~

トモピコトモピコ

だけど、必要なところは順番に手直しされていましたよ♪

例えば、部屋のお手洗いやTVなんかはリニューアルされていて、堂ヶ島温泉ホテルの企業努力が感じられました。


トモピコが直接見たり、触れたりすることのなかった貸切風呂とか別棟の客室等、他にもリニューアルされている所がまだまだあったかもしれません。


なので、みんなの口コミを読んで思ったのは、「お部屋によってずいぶん格差があるのかもしれないなぁ」ってこと。


順次手直しされているなら、タイミングで当たりハズレがあるだろうしね。

ま、これはあくまでトモピコの想像ですけど・・・。


ツッコミ鳥ツッコミ鳥

ぜひ読者はんの目で確かめておくんなまし~

トモピコトモピコ

で、古っちい建物の印象をぶっ飛ばしてくれるのが、美しい海の景色!

この美しさを体感するには、海辺の散歩は必須ですぞっ\(^o^)/

ホテルの脇の小道をグルッと回って下っていくと、目の前には瀬浜海岸!
瀬浜海岸
右側の赤い屋根の建物は『渚の露天風呂』


そのまま海沿いを右手に歩いていくと、ちょうど堂ヶ島温泉ホテルの海側に出るのです☆



静かな静かな波の音。

海に浮かぶ三四郎島と青い空を眺めるシニアな私たち親子。


瀬浜海岸から見る美しい三四郎島


ツッコミ鳥ツッコミ鳥

全然ロマンチックとちゃうシニア女子二人!

ムードゼロの私たちだけど、誰がなんと言おうと岩場で行き止まりになったその場所は、素敵なプライベートビーチそのもの♪



画像は爽やかな朝のお散歩タイム。

夕暮れ時なら、夕焼け色に包まれる景色は声も出ないほどうっとりすること間違いなし( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡



瀬浜海岸の水もきれいでしょ~!


ところで、堂ヶ島温泉ホテルの従業員さんの対応ですが、仲居さんも含めて皆さんとっても親切でした~♪


接客態度は、ピシッとスマートな”かしこまりムード”じゃなくて、温かくて親しみやすい”ほんわかムード” 

気兼ねなく質問したり話しかけたりできるのが良かったなー☆



トモピコはそんなこと全然ナッシングだったけど、他の人の口コミでは、「接客態度が良くなかった」っていうのもあったのよね。


特にお客さんでごった返す時間帯だったりすると、当たりハズレがあるのかなぁ・・・。


ま、親切な従業員さんのおもてなしも含めて、堂ヶ島温泉ホテルは案外この昭和レトロな雰囲気が、熟年の仲良し夫婦や子育て卒業の女子会ママたちにはウケるかも。。。


トモピコは古き良き時代の社員旅行や小さい頃の家族旅行に突如ワープ!

超懐かしい気持ちになっちゃいました~(o^^o)


トモピコトモピコ

さて、お次は堂ヶ島温泉ホテルの基本情報に参りませう






堂ヶ島温泉ホテルの基本情報


【住所】〒410-3500 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2960
【電話番号】TEL.0558-52-0275(代)
【チェックイン/アウト】15:00 / 10:00
【駐車場】無料  *収容台数:乗用車100台、大型バス15台
【最寄りのバス停】堂ヶ島バスターミナル
【送迎バス】堂ヶ島バスターミナルより 15:00~18:00 *到着時に要連絡

※念のため事前確認をお願いします。
(2018年1月18日現在の情報)


トモピコトモピコ

最後にまとめ5つ☆いってみましょ~



まとめ

  1. 堂ヶ島温泉ホテルは名湯と絶景の夕陽が自慢!温泉通も唸らせると言う、源泉かけ流しのアルカリ温泉はみんなの口コミ通り◎
  2. プライベートビーチさながら瀬浜海岸の散歩と、渚の露天風呂はハズしてはなりませぬぞっ。
  3. 建物は古く、昭和の香り満載。レトロ感を懐かしむシニア世代にはいいかもしれないけど、若いカップルにはおすすめしませ~~ん!
  4. 堂ヶ島温泉ホテルの従業員のみなさんは親切で接客態度もグッド♪
  5. 接客サービスと温泉は◎。施設や設備については、お部屋は○。だけど、ホテルは全体的に古びた印象が衝撃的で△



堂ヶ島温泉ホテル☆私の口コミ・・・一言でいうと、お湯は最高!景色も抜群!食事はフツー。年期の入った建物や設備は、「ちょいとモノ申す!」って、ところです。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

大目に見てやってんか~~

具体的な評価の点数はともかく、私の口コミ評価とみんなの口コミの総合評価はだいたい共通してるみたいですぞっ。



なぜなら、みんなの口コミも”接客”と”温泉”についてはかなりいい評価!

でも、残念ながら、”施設”と”設備”が足を引っ張ってる感は否めませぬ。。。



この絶景と名湯が、堂ヶ島温泉ホテルの古さを帳消しするかどうかは、あなたの判断におまかせいたしま~す(゜-^*)σ



ホテルが旧式でも、ひなびた”いぶし銀ムード”に包まれたい温泉好きのあなたにとっては、なかなかオツなお宿かも!


そこを存分に楽しんで、「建物の古さは目をつぶっておくんなまし~♪」と、最後に申し上げておきませう*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚



『伊豆半島2泊3日のツアー旅行【1日目】おっぺけシニアの親子旅』も見てね!



最後までおつきあい下さいまして、ありがとうございました。またのご来場をお待ちしておりま~す\(^o^)/


当ブログの管理人『トモピコのおっぺけ物語』
看板女優”トモピコ”はこんな人!?
(随時執筆中・・・)