「神戸 みなと温泉 蓮に宿泊してきました♪」
「ハーバースイートルーム&部屋付き半露天風呂☆私の感想ぶっちゃけます!」

神戸みなと温泉 蓮に長谷川京子さんも宿泊?!

先日、神戸みなと温泉 蓮に宿泊してきました~☆



雑誌「旅色(TABIIRO)」の今月号(2017年12月号)で、長谷川京子(はせがわきょうこ)さんも神戸みなと温泉 蓮を利用されたとの記事が紹介されていましたよ♪

京子しゃん、美しい~~(*´ェ`*)ポッ


そんな神戸の海辺にある天然かけ流し温泉宿「蓮」の宿泊情報&私(トモピコ)の勝手気ままな感想をテンコ盛りにして、お届けいたします。

なので、とっても長~~いです(汗)



手短かに全体像を知りたいあなたは、こちらの記事にジャンプするか、目次から気になるところだけをチェックしてくださいね♪

神戸みなと温泉 蓮にお泊りしたよ♪私の口コミ体験レビュー(No.1)



ジャパニーズテイストが散りばめられた、和モダンな神戸の温泉宿「蓮」は4つ星ホテル。宿泊したお部屋の様子をなど、今日は更に詳し~くレポートしていきますよ♪




みなと温泉 蓮、2度目のお泊りの巻

前回宿泊したのはハーバースイートルーム♪ 今回は普通のツインルームを予約していたはずが・・・。


なんとなんとぉ~~∑(*゚Д゚ノ)ノ



先にチェックインしたのは、仲良しでお金持ち☆の純ちゃん。急に気が変わって、フロントでスイートルームにグレードアップしてくれてたのデス!



わーーーーーい!やったぁーーーーーーっ\(^o^)/



ただ、今回も前回と同じ、宿泊したお部屋は東側のハーバースイートルーム。どうやら西側のハーバースイートルームは満室だったそうな・・・くぅ~、残念!



(あんさん、そんな贅沢言うて、ええんかいな?!純ちゃんのご招待やろ?)



ホンマやっ、贅沢言うたらアカーーーーーンっ<(T◇Tll)> 



純ちゃん、ごめんちゃい!トモピコは心より感謝しておりまするぅぅぅ~~。



まー、それにしても、人間ってホント!どこまでも贅沢な生き物ですよねー。

困ったもんだわ( ̄ε ̄#)



では、前置きはこのへんにして・・・そろそろ始めましょうか。


トモピコの【神戸みなと温泉 蓮】宿泊ガイドツアーへようこそ\(^o^)/



神戸みなと温泉 蓮の宿泊ルーム☆お部屋のウリはコレ!

神戸みなと温泉 蓮は、270度がグルリと海に囲まれた天然温泉のお宿。



270度って、なんだかピンとこないけど、例えるならこんな感じかしらん。。。






四角いワッフルが蓮の建物だとしたら、ワッフル4分の1は山側なんだけど、あとの4分の3は全室テラス付のオーシャンビュー客室ってこと。



つまり、このワッフルでいうと、黄色で囲まれた部分がオーシャンビューのテラス客室で、周りは海です。



全客室がオーシャンビューなんだけど、蓮には”スイート”なるお部屋が2つあるの。



一番ぜいたくな客室は、オーシャンスイート♪ 展望半露天温泉付きの”最上階の貴賓室”で、2部屋のみ☆


オーシャンスイートの宿泊予約は激戦なのだっ!



(「プレミア!」ちゅうやっちゃな。)


そうね、プレミア~☆



で、ハーバースイートは、同じく展望半露天温泉付きの”特別室”。ハーバースイートルームもホテル内に10室しかないので、こちらもプレミア度高いですね。


そして、ここに、78室の一般客室が加わります。その名を「シーサーイドデラックス」とよぶそうな♪



以上、お部屋のタイプは3種類でございます☆



それでは、トモピコ達が宿泊したみなと温泉 蓮のハーバースイートルーム(東側)からの眺めをご紹介いたしましょう♪



蓮のハーバースイートにチェックイン

ハーバースイートルームからの眺めはこんな感じ



チェックインは15時。

8Fのハーバースイートルームに一歩足を踏み入れると、目の前には大きな窓。そこに広がる空と海に向かい、トモピコは思わず叫んじゃいました~。



「うわ~~~っ、気持ちいい~~~\(^o^)/」⇐(感嘆詞の後ろの形容詞は、あなたのお好みでどうぞ♪)



お部屋は東向き(大阪方面)で、窓からはポーアイ(神戸ポートアイランド)へ続く赤い神戸大橋や、煉瓦造りの大学の建物、船も大小イロイロ見えます。




神戸は基本的に高層ビルがありません。

なので、ホテル蓮からの眺めは、水平に街や海の景色が見えるから、横に広がりを感じるのです~。



そんでもって、空がと~っても近くて、海風が心地良いのだ~~\(^o^)/



視線を移して、部屋の中を見回してみると、和モダンですっきりとした美しい客室。



そこで「は~~~っ♪」と一息。。。つく暇もなく、、、トモピコはどうしたかというと、次の行動にでました~。


オーシャンビューテラスへ飛び出そう

外の景色があまりに気持ちよくて、トモピコは、バーーーンっ!とテラスに飛び出しちゃいました~。


オーシャンビューテラスには、テーブルと椅子。そして、常夏リゾートホテルのプライベートビーチにあるような(?!)ベッドタイプの寝転べる椅子が置いてあるんです。


テラスのテーブルには灰皿が・・・あなたが愛煙家なら、ここでプカプカと極楽気分で喫煙できること間違いなしっ☆



気候がいい春や秋には、テラスで爽やかな風にそよがれながら、お茶するのも◎ですね。



お次は、反対側にあるお部屋、西側の神戸みなと温泉蓮からの眺めをご覧あれ~♪



きれいだよねーっ♪おしゃれな神戸って感じかしらん?

赤と白が映える”神戸ポートタワー”

左端の神戸メリケンパークオリエンタルホテル”と、その後ろには(この角度からは隠れちゃってますけど)”神戸モザイク”の観覧車が位置によっては見えるんですよ。

右端にはノッポの”ホテルオークラ神戸”、その横には白い編み編みの建物”神戸海洋博物館”も見えますね。



(それにしても、えげつないほど「神戸」がつく名前ばっかりやん。)



あはは\(^o^)/ホンマや~「神戸」オンパレードですなぁ♪



みなと温泉 蓮の西側のお部屋から観える景色は、KOBEのアイコンが散りばめられていて、神戸の魅力満載でござるよ~!



そそ、神戸ポートタワーや白い編み編み建物の向こう側に、神戸みなと温泉蓮の姉妹ホテル『ラスイート神戸ハーバーランド』もありますよ~♪

上の写真で見ると、神戸ポートタワーの左側手前に在る低い横長の建物。両端が階段っぽくなっている白い建物が『ラスイート神戸』なり☆

ヨーロピア~ンなムード漂う5つ星ホテル。こちらもメッチャおすすめデス。

ラスイート神戸の部屋にお泊り!私が本音で口コミします!



さて、話を戻して・・・トモピコがお泊りした神戸 みなと温泉蓮の東側(大阪方面)も眺めは良いんだけど、西側(姫路方面)のオーシャンビューのお部屋に比べたら、景色は地味め~。

西側のお部屋からの眺めの方が、より神戸らしさを満喫できるんですよねー☆



なので、神戸みなと温泉 蓮に宿泊するなら、西側のお部屋を予約するのが、個人的には断然おすすめ!



あ、でも、西側のお部屋じゃなくても、がっかりしないで下さいね☆



なぜなら、蓮の宿泊が東側のお部屋でも、朝食・夕食がビュッフェ(バイキング)ならレストランは西側。だから、東西、両方の景色を堪能できて一石二鳥なのだっ\(^o^)/


それでは、みなと温泉 蓮の客室ツアーへと参りましょう。



神戸 みなと温泉 蓮のハーバースイート特別室

お泊りしたのは820号室のハーバースイートルーム。



神戸みなと温泉蓮のハーバースイートは総面積100㎡の和モダンな特別室。


客室はスッキリひろびろ~☆和風と洋風のバランスが絶妙で、ジャパニーズ・テイストがさりげなく効いてるのよね。

和室のテーブルは掘りごたつ風

畳のお部屋もスッキリひろびろ~。ビュッフェじゃなくて部屋食の場合は、この和室でお食事を頂くんですよ~。



テーブルは広いし、掘り炬燵ちっくで、脚は伸び伸び~楽ちん♪

それから、3名以上で宿泊するときは2人はベッドで、3人目からはこの和室でお布団で寝ます。



そして、和室とつながっているテラス側のリビングルームはこんな感じ。


海が目の前!リビングルーム

リビングルームの目の前がテラスと海♪



ぶっちゃけ、スイートルームと一般のシーサイドデラックスのお部屋の違いは、このリビングルームがあるかないかの違いです。




シーサイドデラックスの客室は、リアルで見てないからわかりませんが、リビングルームなしの和室だけでも、みなと温泉蓮なら十分満足できるお部屋だと思うんですよね~^^。



和室からシッポリと神戸の海を眺めるか、リビングのソファに座ってムーディに外を眺めるか・・・雰囲気の違いと広さの差かな~。



リビングなしで和室だけの方が、よりコンパクトな空間で親密度アップ。ますます話がはずんじゃうかもしれないしねっ。


それから、どの客室にも大きなテレビが1台ずつあるので、お泊り客は、それぞれのタイミングで場所を選ばず、自由にTVを観ることができますよ。


寝室(ベッドルーム)は朝が最高!

ベッドルームにはベッドが2台。

ちょいとばかり部屋が狭く感じたんだけど、ベッドルームって、たいていどこのホテルもベッドがデンっ!と幅を利かせてるもんね。



窓が大きくて一面にあってね・・・朝の光がベッドルームいっぱいに広がって、これがまた素晴らしいのだっ!

これって、東側のお部屋の特権。もう~極上のお目覚め&朝のまどろみタイムですぞ♪



お部屋の兼用クローゼット?!

リビングルームのクローゼットを開けると、こんな感じです。

実は、リビングと寝室のクローゼットは兼用♪



クローゼット奥の壁側が、お隣のベッドルームのクローゼットの扉になってるの。どちらのお部屋からもクローゼットが開けられるので、けっこう重宝するんです。



クローゼットには、女性用浴衣のサイズがS、M、Lと最初から用意されています。



トモピコはチビすけなので、Sサイズ。いちいち電話でフロントにお願いすることが多いんだけど、蓮は初めからちゃーんと大きさ違いの浴衣が用意されてるのでナイスです♪



10階の展望露天風呂や1階のお風呂に行く時など、このバッグにスマホやポーチ、着替えをチョイと放り込んで、ホテル内をウロウロ☆


ルームキーで、お財布いらず

館内でお土産買ったり、マッサージしたり、はたまたバーで飲んだりと・・・手首につけるリストタイプのルームキーさえ持っていれば、お勘定はお財布いらず。


もちろんだけど、温泉にもこのまま入れます。カードキーだと、こんな風にはいきませんよねー。


貴重品の管理に気を遣わなくていいし、ほぼ手ぶらでプラプラできるのがベリーグッド♪

チェックアウトの時にまとめて精算できるので、面倒くさがり屋さんにはピッタリかも。



さ~て、お次は、神戸みなと温泉 蓮のご自慢!部屋付き露天風呂ツアーにレッツゴー♪




神戸みなと温泉 蓮の自慢☆部屋付き半露天風呂

東側のお部屋と西側のお部屋に共通してあるのが、南側の海に面したスイートルーム専用の部屋付きの半露天風呂\(^o^)/



神戸みなと温泉蓮は、人気の温泉宿の口コミランキングにも度々登場しています♪その理由の1つは、この「展望半露天風呂温泉付きのスイートルーム」の存在も大きいんですよ。



源泉かけ流しの極楽☆展望半露天温泉を、24時間いつでも部屋で貸切できるなんて、まっこと贅沢でございます!



ちょっと曇ってきてますねー。コレ、部屋風呂からの眺めです♪



この写真では見えないんだけど、露天風呂の真ん前の向こうの方~~~~にね。。。



その、ちょっと遠いところに海に浮かぶ神戸空港の滑走路があって、夜には滑走路のグリーンライトが横一列にプチプチプチって並んで、点灯するのが見えるんですよ。


その光に誘導されて、飛行機がぐいーーーんと高度を下げて空から降りてくるのを、お風呂につかりながら眺めるのもオツなもの☆




蓮のハーバースイート☆展望半露天風呂の広さは?


部屋付きの半露天風呂は、湯船がとにかく広ーーい\(^o^)/



あ、これ2人旅の場合ね。女子会で4人いっぺんの入浴は、入れるけど落ち着かないかも・・・。



浴槽そのものがゆったり広々なので、目の前の大きな窓からの景色と合わせて、開放感抜群なのです。



湯船の形はほぼ正方形。横幅はトモピコが 寝転んで、丁度すっぽり収まるぐらいなので150cmくらいはあると思う。縦はちょっと短めかなー。



そうそう、ココであなたにご提案~♪

【チェックイン後スムーズに部屋付き展望露天風呂に入る方法】

  1. お湯をためるのに20-30分はかかるので、トモピコは着いたら、すぐにお湯はりするんです。
  2. そうするとチェックインしてお部屋で一休みした頃に、丁度お湯がたまります。
  3. 休憩後は、そのままスムーズに神戸の海を眺めながら、みなと温泉 蓮ご自慢の部屋付き半露天風呂を堪能できるのじゃ~\(^o^)/

ねっ、なかなかいい考えじゃございませんこと?

もしよかったら、この流れでチェックイン後、すぐにお部屋の源泉かけ流し温泉で、旅の疲れを癒して下さいね。



バスルームの大きな窓から外に出たい!

目の前におっきな窓があるんだけど、これは開けてもOK。



「外に出たいなぁ、出られるのかな?」と思った瞬間、すかさずホテルの案内係さんから、やんわりお達しがありました。



「窓の鍵は開きますが、外にはお出にならないようにお願いいたします。」



ふーむ、お風呂の窓から外に出るのは禁止なのね。



まーねー、昼の日なかに外に出るのは、 神戸港を巡回しているおまわりさんの船やその他、人の視線にさらされて、恥ずかしい思いをしちゃうからダメダメ~!



(っちゅーか、見た方がびっくりこいて逃げ出すでーっ。)



へいへいっ。なにしろ、とっても開放的なので、つい窓から外に出たくなっちゃうんですよね・・・。



「夜は暗いから誰からも見えないし、ちょっとぐらい外に出てもいいんじゃなーい☆」って考えるのはトモピコだけ?!



普通に窓は開けられるから、 「外に出てもいいですよ♪」って、言ってるようなもんだと思うんだけどなぁ。



いーえ、窓から外に出るのは禁止です!



そのワケはね・・・。




部屋風呂の窓から外に出ちゃいけません!その理由は?

実はね、神戸 みなと温泉 蓮のオープン当初は、部屋付き半露天風呂の窓から、自由に出入りができたんですって~。



うわ~~~っ☆いいな、いいな~♪



(ほな、なんで今は”出入り禁止”になってしもたん?)



それが、きくところによるとね・・・。



どうやら、スッポンポンで部屋の露天風呂から外に出たお客さんが、戻る部屋・・・というか、戻るお風呂を間違えちゃったらしいのです。


ひょえ~~~~~~~~っ!


お隣さんの露天風呂の窓(つまり反対側に位置する廊下を挟んだ向かいの客室)に、素っ裸で侵入しちゃった!という事件が起こったらしいのよー∑(*゚艸゚*)



そりゃびっくり仰天ぎっちょんちょんだわさー!



生まれたままの姿で、隣のお風呂に間違えて侵入していった方も、入って来られた方も驚愕マックスぅぅぅ~!



(眼ェむいて、鼻むいて、顎出して、、、ムンクの絵も顔負けやなー)



うん、そうやんねー。もう、オッペケペーのスットコドッコイやわっ。


そんな部屋風呂間違い事件があったせいで、客室付き展望半露天風呂の窓は開けてもいいけど、外には出ちゃいけないことになったらしいのです。



こんな理由で外に出られないのはトバッチリだけど、まぁ、なにぶんトモピコもその可能性は大いにあることは否定できないからさ・・・ぷひっ。



ここはひとつ、窓を開けて外の空気が味わえることに感謝しつつ、お約束はちゃーーんと守りませう☆



今度は、鍵まで固定されてバスルームのおっきな窓も開けられなくなったら、残念すぎますからねー。



そんな神戸みなと温泉 蓮の部屋付き半露天風呂は気持ちがよすぎて、トモピコは上機嫌♪


鼻歌が止まらず、純ちゃんがストップをかけるまで、迷惑なことに、ずーーっと歌い続けるのでありましたとさ。ちゃんちゃん☆


「ル・パン神戸北野」のウェルカムスイーツ

部屋風呂のお湯をためてる間に、ウェルカムスイーツのクッキーを頂きましょ♪

このクッキーは、スイーツ&ベーカリー「ル・パン神戸北野」特製のスイーツ。

サクッとしてるけど、軽すぎない、おいしいクッキーでございます(p*’v`*q)



神戸みなと温泉 蓮では、コーヒー、紅茶、フレーバーティ、日本茶など種類も7-8種類あって、楽しいデス。

当然ながら、そのへんの安物のティーバッグじゃないティーバッグ。(うーむ、通じるかなーっ?!)



このティーカップも、兵庫県は丹波篠山の立杭焼きの器なんですよ。これに紅茶を入れてクッキーと一緒に頂きました。



この立杭焼きのティーカップ、素朴で温かみがあるんだけど、しゃれていて和モダンな雰囲気は、蓮らしさが出ています。



こんなふうにジャパニーズテイストのこだわりが、神戸みなと温泉 蓮ではさり気なく活かされていて、ほっこり☆リラックスできるんのがいいんですよね~。



冷蔵庫(ミニバー)

冷蔵庫(ミニバー)には、ビールなどのアルコールから、ソフトドリンクなどのジュース類まで、冷えたお茶やお水がフツーにそろっています。

ちなみに、お部屋には、ミネラルウォーター500mlのペットボトルが4本、無料サービスで用意されていますよ。



昔から温泉旅館とかによくあるタイプの冷蔵庫仕様。飲み物は軽くロックされていて、ガチャンと取り出すと料金が加算される仕組み。



そうそう、この冷蔵庫は販売用の飲み物以外が入るスペースはほとんどありません。コンビニで調達した要冷蔵の食べ物や飲み物を持ち込んでも、入らないことがあるので要注意ですよ。



さぁ、お次は、「実は2つあったシリーズ」にいってみよう~。



客室に2つあったシリーズ

その①トイレが2つ

神戸 みなと温泉蓮に宿泊デビューした時、チェックアウト直前までその存在を知らずにスルーしてた場所があったのね。



ふと見るとドアノブが・・・「ここは何だろう?」って開けてみたら、おトイレでした~。



おトイレの1つは、お風呂場の脱衣所のところにあります。そこが最初に目に入ったので、そっちばかり使ってたの。



で、もう1つの扉がね、玄関入ってすぐ横の、それこそ脱衣場の手前にあって、実はそこもおトイレだったのです。



おトイレが2つあるってことは、相方のお風呂タイムに突然もよおしても、お部屋のトイレで用が足せます!また、露天風呂に入っていたらいたで、脱衣場にトイレがあるからマッパでいつでも、”し~こいこいこいタイム”に突入できるのがメリット。




長年連れ添ったご夫婦は別として、これから更にお互いを知って、より大きく愛を育んでいくカップルなら尚のこと、トイレが2つあるのは、気兼ねなく用を足せるからいいですよね。



朝の(夜の?)うんちょすタイムに2人が重なっても、バッティングしないのも、花まるでございます♪



そして、そして~、こちらも2つありました。

その②洗面所が2つ


お部屋の洗面所も2つ並んでありました~。



もちろんだけど、洗面関連のアメニティグッズも充実のラインナップ。2人分・・・というか4人分くらい、十分備え付けられています。



基礎化粧品はポーラで、ヘアケアとボディシャンプーはフランス エラバシェ社製。



顔洗ったり、歯を磨いたり、メイクしたり・・・女子は何かとやることが多いですからねー。



順番待たずに、好きなときにお化粧したりできるのは、ストレスフリーでポイント高うございますっ☆



洗面所でも横に並んで、女子会おしゃべりは尽きないかもかもね♪


さて、気になる蓮の宿泊料金についてですが。。。



神戸みなと温泉 蓮の宿泊料金

まことに申し訳ございませぬ!

今回と前回の神戸みなと温泉 蓮の宿泊料金がおいくら万円だったのかは、トモピコにはわかりかねまする┐(´д`)┌



これって、ホントはめっちゃ気になるところですよね。ですが、トモピコは宿泊予約もしていなけりゃ、宿泊費も実は一円も払っていないのデス。



いくら仲良しとは言え、純ちゃんに「宿泊料金、なんぼ?」って、聞くのもなんだしねーっ・・・。



純ちゃんも「お得に宿泊予約できたよ。」って言ってたから、ちょっとはお安く泊まれたんだと思うんだけど、ハーバースイートだから、やっぱ1人あたり3万円くらいはするよねぇ



あらためて純ちゃんに感謝でござる!



ま、どのくらい安いとかお得とか、具体的な数字はわからないんだけど、蓮の展望露天風呂で一緒になったリピーターの女性が力説してました。


「ココ平日に来る方が絶対にお得ねっ!土日に泊まるよりずいぶん安いから、次からもスイートで平日に来るわっ!」って・・・。



平日にお部屋のグレードアップもお得感ありですが、神戸みなと温泉蓮の公式サイトをチラリ見たところによると、2部屋しかない特別貴賓室オーシャンスイートにお泊りする方が、ハーバースイートよりも割安感を感じましたよ。



同じ部屋でもトップシーズンとローシーズンじゃ、宿泊料金も違いますけどね。


まぁ、そういうことで、(どういうことやねんっ > <;)神戸みなと温泉蓮のハーバースイート(展望半露天風呂付き客室)に2度宿泊した私の感想をまとめてみますね。

まとめ

  • 蓮は全室テラス付きオーシャンビューがウリ。眺望抜群!晴れた日は最高に気持ちいい♪
  • お部屋は広くて解放感あり!客室はもちろん☆ティーカップなどの小物も和モダンな雰囲気満載。快適&ハッピーにすごせます。
  • 部屋付きの展望半露天風呂は、神戸みなと温泉蓮の自慢の源泉かけ流し風呂。スイートルームに泊まれば貸切バンザイ\(^o^)/いつでもタップリ堪能できちゃいます。
  • ウェルカムスイーツは「ル・パン神戸北野」特製のおいしいクッキーを召し上がれ♪
  • 客室には、トイレも洗面所も2つずつあって便利です。洗面所のアメニティも充実のラインナップで、女性にとっては嬉しい限り。
  • 土日祝日に泊まるよりも、お部屋のグレードをワンランクアップして平日に利用するのがお得感アリ。(⇒宿泊リピーター客のナマの口コミより)
  • 神戸ムードを満喫するなら、宿泊予約はぜひ西側のお部屋を!西側のお部屋からの夜景の方が、ゴージャス&ロマンティックですから~♪
  • 今回は触れていませんが、蓮のお食事はハッキリいって美味しいです!


まー、熱い二人は放っておいても、クリスマスやお誕生日にからめたり、バレンタインデーやホワイトデーにカップル旅行するでしょうけど・・・実は神戸みなと温泉蓮は、グループ旅行にもめっちゃおすすめなんですよ!



ちなみにスイートルームの宿泊人数は最大定員5名。みんなで泊まれば超楽しい\(^o^)/



グループでお泊り旅行する機会も、年中ありますからね~。



春休みに夏休み、冬休みの旅に卒業旅行・・・お正月やGWなどの連休はもちろんのこと、クリスマスや忘年会に新年会・・・。

はたまた、誕生日や還暦祝いなんぞにかこつけて、蓮のスイートルームで女子会したり、家族水入らずでお泊りするのはいかがでしょうか?

神戸みなと温泉蓮 公式サイト