牛丼の吉野家がカフェって、ありえない!

こんにちは!当ブログの管理人☆【トモピコのおっぺけ物語】スットコドッコイ劇場の看板女優”トモピコ”です。


こちらは、トモピコがやらかした勘違いや失敗など、日常の些細でくだらない スットコドッコイ話の小ネタ日記です 。



あまりのしょうもなさに、あなたの”脱力ねじ”が1本でもユルっとなれば、幸いです♪

しかしながら、あまりのくだらなさで、あなたの”怒り地雷” を刺激した場合、一切責任は持てませんので、どうかご了承下さいませ。





昨日図書館へ行きました。

つらつら~っと、最初カフェやおやつ関係の本を眺めていたんだけど、ふと珍しい本を発見。



これです☆



全然珍しくないやんっ・・・



はいっ、今日のブログタイトルと写真の本のタイトルを見ただけで、勘のいいあなたは、すべてお見通しですよね~。



(勘が良くなくても、フツーわかるで~)



そそっ、全くもってその通り。


この本のタイトル見た瞬間。トモピコの反応はこう・・・



「へ~~~っ、吉牛スゴイやんっ!牛丼だけじゃなくてカフェにも手ぇ出すんや~。もう、なんでもアリやなぁ~♪ 」



ガハハっ! 勘違いも甚だしいっ( ̄◇ ̄;)


さらに、勘違いの上に妄想はどんどん展開。。。

・『吉野家カフェを開こう』ってことは、コンビニみたいにフランチャイズ制を導入したりするってこと?吉野家のカフェを開きたい人を募集して、カフェを全国展開するってことねー



・それにしても、吉野家のカフェなんて、今まで見たことも聞いたこともないなー



・牛丼とカフェ・・・サッパリ結びつかないけど、案外マッチするかもねー、時代だわ~



以上!うすボンヤリ~とではありますが、『吉野家カフェを開こう』について、瞬時にここまで妄想は炸裂したのでございます。



おぼろ気ながらも、「吉野家カフェかぁ・・・へんなの~」と思いつつ、本の題名をもう一度見ることもしないで、その本を取り出して手に取る始末



はぁ~っ・・・そこで初めて『吉野家』と『古民家』の違いに気がついたの。



人間というものは、見たいように見て、聞きたいように聞く・・・誠に勝手気ままな生き物でございます。



ぶっちゃけ、いつでもどこでも、やりたいようにしかやらないのだっ☆



つまり、過去の記憶や思い込みと結びつけて、いかようにもマイワールドを創り上げるのが私たちの常でござる。



そういえば、先日SoftBankから送られてきたスーパーフライデイのクーポンが、「吉野家の牛丼並盛1杯が無料でもらえる」っていうやつだったのー。



「明後日は吉牛に行かなきゃ・・・」って、チラリ☆思ったのは事実。

それと結びついたのね、きっと。



で、それが、チラリ☆じゃなくて、ドっカーーン!と、思った以上に激しく強烈な記憶だったっていうワケ。




それから、この本の『古民家カフェを開こう』っていうタイトルの字体なんだけど・・・。

全然凝ったデザインでもないしフツーでしょー。もう、読み間違いようのない、バリバリの王道文字フォント!


「古民家」と「吉野家」・・・同じなんは「家」だけやんっ!



「民」と「野」も全然ちゃう文字だしっ、ほんまメチャクチャです。。。



はいな~。その上、吉野家には縁もゆかりも無さそうな「カフェ」の文字までついてるしねー。



本を手に取って、自分の間違いに気づいた途端、「やっぱ、そうやんね~。吉野家がカフェ開くわけないやんね~っ♪」と、妙に納得。



ところで、トモピコは、いつも「出しっぱなし~」「置きっぱなし~」「放りっぱなし~」の「やりっぱ」が、超得意。



別名「ぱなしちゃん♪」と、呼ばれております。



「なんかヘン・・・」と思いつつ、やりっぱなし☆で、本タイトルの確認を一切しないトモピコのデフォルト行動が、寸分の狂いなく表れていた日常の一コマでした。



ってことで、今日はやっぱり吉野家で牛丼だ~~っ\(^o^)/



今日も最後までおつきあい下さいまして、どうもありがとうございました\(^o^)/