まゆみカフェ,板宿
「まゆみカフェってどこ?板宿?知る人ぞ知る!隠れ家カフェレストラン」
「まゆみカフェでランチしたよ☆私の口コミ体験レポ」



こんにちは!当ブログの管理人☆【トモピコのおっぺけ物語】スットコドッコイ劇場の看板女優”トモピコ”です。

まゆみカフェは、ずっと前から行ってみたかった、板宿にある隠れ家的カフェレストラン。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

板宿ってどこやねん?

板宿は、神戸市は須磨区にあるローカルな下町。トモピコの地元っちゃあ地元なのだっ。

須磨と聞くと須磨海岸が思い浮かぶけど、板宿は海の香りゼロ!板宿商店街がメインストリート(!?)の昔懐かし☆ガヤガヤタウン。



板宿駅から車で数分くらいの所に位置するまゆみカフェ。「食事が美味しくて気持ちのいいお店だから、食いしん坊のトモピコにもぜひ!」と、サチコはんが前々から言ってたのよね。



そこで、6月生まれの妹リコのバースデーを祝って、母と私とリコの3人で、まゆみカフェでランチを食べることに♪

今回はお誕生日ということで、日替わりランチではなく、創作料理のランチコースを予約。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

で、食いしん坊バンザイ姉妹の感想は、どないやねん?

板宿の地に静かにたたずむ『まゆみカフェ』へのアクセスは、後程ご紹介するとして、まずは、気になるメニューからご覧くださりませ~~♪







まゆみカフェのメニュー☆創作ランチコース

トップバッターは、冷製トマトスープちゃん。
まゆみカフェ,メニュー,トマトスー
かわいい色だよね~、お味もしっかりついてます♪



本日のメインでもある焼きしゃぶ☆ビューティフォーなピンクの和牛くん。
まゆみカフェ,メニュー,焼きしゃぶ

焼き焼き中♪

お野菜は、赤と黄色のパプリカ、ピーマン、もやし。それからメッチャ立派なデカ椎茸。

お肉はサッと焼いて頂きます♪


肉汁じゅわ~~ん!お口の中に柔らかい牛肉の甘みがブワ~ンと広がって激うま~~!



単純に「霜降りで美味しい」って言うんじゃなくて、こう・・・なんちゅーか、脂のノリ具合いが絶妙なのだっd( ̄ε ̄〃)

牛肉本来の脂の美味しさが、お上品に程よく出ているのです。

トモピコは基本的に脂ノリノリもけっこう好き!もちろん霜降り(サシ)大好きっ子♪

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

たいていの人は霜降り好きやでー

まーね。霜降りの脂ノリノリお肉ちゃん♪お肉のコクと旨みはシッカリあるのに、なぜか後味サッパリ☆胃もたれナシっていうのが、素晴らすぃ~~(o^^o)



それもそのはず、まゆみカフェのママさんがおっしゃるには、これは「ヒウチ」と呼ばれる牛肉の部位らしい。

ヒウチは取れる部分がちょっとしかない、とても希少な部位なんだって。

調べによると、モモの一部らしいんだけど、モモの中で霜降り度ナンバーワン!うきゃっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



最高級の焼肉なんぞに使われるらしく「美味しさのヒミツはココだったのかっ!」と、ますますアリガタヤ♡気分に浸るトモピコでした。



で、この焼きしゃぶ肉の大きさなんだけど、男の人が手の平をパーに広げたくらいは十分あるかなー。それが1人3枚。

まゆみカフェ,ランチ
つけダレはポン酢しょうゆ。

個人的にトモピコは、おいすぃ~お肉ちゃんはで頂くのがお約束。

自分で好みの焼け具合いに和牛肉を焼き焼き~♪ ええ塩梅にお塩して頂きましたぞよっ。



申し遅れましたが、お野菜もうまかデス♪

パプリカは鉄板にのせたものの、焼かずに生のままパクリ。甘~~~い☆

肉厚たっぷり!大きな椎茸は香りも味も良し子ちゃん。


お次は、大皿に魚や野菜、小鉢類がドッカーーン!と、賑やかに並んで勢ぞろい。





まゆみカフェ,メニュー,魚

メインは焼き魚。鰆(さわら)の味噌漬けでございまする♪

この鰆ちゃん、五島列島からやってきたんだって。ようこそ、トモピコのお口へ♪

mayumi cafe
おいちーーーーーーーーーっ\(^o^)/

白身がキレイで、ふっくらした焼き上がり。味噌の所に程よく焦げ目がついてウマシっ!

ラブ♡さわら殿



mayumi cafe,メニュー
かぼちゃのサラダはレーズンとの相性抜群♪


お次は、揚げゴボウの甘辛ゴマ和え
まゆみカフェ,メニュー

歯ごたえチャキチャキのゴボウちゃんと胡麻くんのハーモニー。この甘辛加減が私好み♡



このデッカイお豆さん♪親指の爪ほどあるよ~。
まゆみカフェ,ランチ
皮に焦げ目をつけて、中のお豆さんはしっとり柔らかく仕上がっておりまする。

リコってね、モノにもよるけど、皮ごと、骨ごと、丸ごと☆基本ムシャムシャ食べる人なの。いつものように、お豆さんも鞘までパクッ。

で、トモピコも真似っ子してみた・・・残ってた鞘をパクっ。

トモピコトモピコ

えっ!?結構イケるや~~~んっ(o^^o)

皮のほんのりした甘みがあってねー。焼き加減よろしく、焦げ目の部分がおいちー。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

焦げ目好きなヤッチャな~


ただし、サヤの筋のところがカシカシ硬くて口の中に残るので、コレはNG。

ま、どんなお味なのか・・・食いしん坊バンザイ\(^o^)/のアナタは、ぜひトライしてみて下さいね。


大きなプレート料理を平らげたら、まゆみカフェご自慢の豪華ランチの〆ご飯。桜海老の炊き込みご飯のお出ましでごじゃりまする(o^^o)






まゆみカフェ,ランチ,メニュー
お釜でちゃんと炊いておるのですぞっ。準備万端!最初からチャッカマンでシュバッと点火されておりました。



お釜1つに1合で2人分だそうな。今日は3人なので、お釜2つでオマケの2合。

まゆみカフェのママさんは「食べ切れなかったら、お持ち帰りしてくださいね♪」とニッコリ。


やったーー\(^o^)/

お釜のふたを開けた途端、桜海老の香りが一気にボワ~~~ッ!


鼻の穴全開っ!「う~~~~ん、たまりませんっ♪」


まゆみカフェ,メニュー,炊き込みご飯
びっくりする位の桜エビの量。



しっかり味も付いていて、おこげもいい感じ!三つ葉をたっぷり混ぜていただきます。

mayumi cafe
うまうま~~~(o^^o)



箸休めのお漬物。
まゆみカフェ,メニュー

サチコはん、このきゅうりのお漬物がいたく気に入った様子。

「このお漬物、すごい美味しいわ!」って言うから、「じゃ、残ってるのん、全部食べ~♪」ってトモピコがすすめたら、「もうお腹いっぱいやから、いらんわ。あんた食べっ!」やって~。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

なんじゃそりゃ!

きゅうりが苦手なリコの分まで、トモピコしっかり頂きましたー。



桜えびの炊き込みご飯で、すでにお腹はパンパン満腹☆ポンポコリンリン。


だけど、スイーツは外せないっ!別腹が、両手広げて待っております。

まゆみカフェの定番デザートメニューは、プリンとブリュレ。

はち切れんばかりのお腹とデザートとの折り合いをどうつけるか、悩むところでございます。


サチコはんは、私達のスイーツを「ひと口ずつ頂戴!」と、のたまう。。。

リコと私はプリンとブリュレをそれぞれ1つずつ注文して、「半分こ、しよう♪」となったところへ、サチコはんの一言が・・・。

「ええやん、どっちも注文したら~♪」

おぉっ・・・食べ過ぎ警報発令中!臨月並みの大きなお腹の私たち。

結局、1人でプリンとブリュレの両方をオーダーしたのでありました(´+ω+`)

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

一人で2個も食べたんかいなっ!欲と道連れ姉妹やのぅ~

で、デザートタイムは、さっきまで他のお客さんが座っていた窓際席に移動。



欲と道連れ姉妹に、紅茶と一緒に運ばれてきたのがコレ♪
まゆみカフェ,スイーツ
ぶりゅぶりゅぶりゅぶりゅ☆ブリュレちゃん

プリンもまゆみカフェのママさん手作り
まゆみカフェ,デザート
甘すぎないのがいいよね~優しいお味♪

それに、まゆみカフェのプリンとブリュレは、そのへんのオサレなカフェより心持ち大きめ



はい、ご馳走様でした\(^o^)/



あ、ちなみにデザートは別料金ですよーん。

厳選された素材を使って、手間隙かけた『まゆみカフェ』の創作料理のおまかせランチ。


和牛の希少部位「ヒウチ」の霜降り肉が入って3000円なんて、他のお店ではこのお値段で食べられないハズ♪


五島列島の立派な鰆が出てきた時点で、ランチ代を材料費でほぼ使い果たす勢いでございまする。

すごーく得した気分で、お腹も心も大満足!


ここで、まゆみカフェが板宿のこの地にオープンしたキッカケを、ママさんに聞いてみました。



まゆみカフェが板宿にオープンしたキッカケは?

まゆみカフェ,板宿

まゆみカフェは、板宿駅から結構な坂道を上がった先の、山側の住宅街にあります。

自宅の1階をカフェとしてオープンした『Mayumi cafe』、ただ今 夫婦で仲良く営業中♪

この「まゆみ」ってね、ママさんの名前かと思いきや、実は苗字だそうな。

まゆみカフェのオーナーは、物腰がやわらくて、優しそうなパパさん。

まゆみカフェ誕生のお話は、今から7年前、パパさんが長年勤めていた会社を退職した時に、遡ります。



退職後も働く気満々だったパパさんは、職安で仕事探しをしていたんです。

すると、知り合いがポンっと明るく言ったセリフがこれ。


「職安なんかに通わなくても、こんなに眺めのいい景色があるんだから、ここで喫茶店でも開けばいいじゃない♪」

「へ~~っ」まゆみカフェのオーナー夫婦は、そんな事は今迄これっぽっちも考えたことがなかったそうな。


それもそのはず、毎日眺める自宅の窓からの景色が、特別なものだとは全然思ってなかったからねー。



で、その気になったパパさんとママさん。すでにバリアフリーにしていた1階部分を、そのままカフェとして使うことにしたんだって!



そんなこんなで、お料理好きのママさんと2人で始めた『まゆみカフェ』。

パパさんの心強い味方、まゆみカフェのママさんは、笑顔がとってもステキな女性なの。



最初はカフェとしてオープンしたくらいだから、こんなに本格的に食事を出すことは考えてなかったんだって~。



お客さんから「こんなの作って~!」「あんなのやってよ~!」と、リクエストにお応えするうちに、ランチを出すようになったそうな♪



Mayumi cafeは、「まんまお家」のお店です。

お店の雰囲気はね・・・トモピコ的には、新入社員の頃、会社の優しい上司の自宅に遊びにいったような感覚。

もしくは、年配の取引先のお客さんのお家にお呼ばれして、お邪魔したって感じかなー。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

家族的なつきあいがあった時代やなー

トモピコトモピコ

うん、ずいぶん可愛がってもらったなぁ♡

お料理上手で、ダンナさんを優しく支える良妻賢母の奥さんがいるお家の雰囲気。我が家とはまるで違う(笑)。小さい頃のトモピコ憧れのお母さん像なり~☆



大きな窓からの光で、明るく開放的なスペース。おいしいお食事を頂いてゆったり過ごしていると、お尻に根が生えちゃいそうなのだっ。



テーブル席は、店内とテラスにもありますよ。テラス席も気持ちよさげ~~♪



まゆみカフェのテラス席は、風でお箸やお手ふきが飛んでいったりする事が、よくあるらしい(´・ε・`)

なので、お食事は店内で頂くのが、落ち着いててイイみたい。


だけど、お天気も風も穏やかなら、最後のデザートタイムは、ぜひテラス席で!


トモピコたちがランチした日は、曇り空。けっこう風もあって、山の木もユラユラ揺れるほど。

テラス席はあきらめたけど、食後のスイーツは店内の窓際席へ。



まゆみカフェのテラスはこんな感じ。
まゆみカフェ,テラス
今日はパラソルもお休み中♪

テラス席はもう1つあります。



晴れた日には、太平洋大阪・堺のコンビナート、遠くは和歌山の双子山までクッキリ見えるんだって~♪


それから、店内はテーブル席の他にも、畳のお部屋があります。明るい和室でのお食事もいいよねー☆

和室とテーブル席は、暖簾で仕切られておりまする。

まゆみカフェ,板宿,和室

わ~~~、なんか気持ちいい~~♪ここで、お昼寝したくなっちゃいました。


一面が大きな窓\(^o^)/

まゆみカフェの居心地が良すぎるせいか、窓際の胡蝶蘭も自由奔放♪
まゆみカフェ

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

めっちゃワイルドな胡蝶蘭やんっ!

トモピコトモピコ

ワイルドすぎっ☆

電信柱と電線がちょっと気になるけど、まゆみカフェは板宿の山側の住宅街にあるので、そこはご愛嬌ということで。。。(o^^o)



それはさておき、良い食材をふんだんに使った、お値打ちのおまかせコース。

身体も心もお財布も大満足の創作料理メニュー☆一体どうすれば、ここまでリーズナブルに出来るんでしょうか?



まゆみカフェの大満足ランチがリーズナブルな理由

ズバリ!家賃がかからないのと、スタッフを雇っていないところがキモ。

まゆみカフェのママさんが飛び切りの笑顔で言ったの。


「自宅なので家賃分を、お客様のメニューに反映させられるんです!夫婦二人だけでやってますしね。」


ほぉぉぉ~~~~っ、素晴らしいっ\(^o^)/

確かにまゆみカフェって、趣味でやってるような大らかさがあるのよねー。「ガッツリ儲けるぞ感」はナッシング。



お客さんのことをとても大切に考えてるんだけど、お二人とも無理せずとっても自然体。それがなんとも心地よいのです。



「こんな所までわざわざ来てくださって、ありがとうございます。どうぞ、ゆっくりしていって下さいね♪」という、オーナーご夫妻の想いが、居心地のいい空間を作り出してるのですね☆



ランチの予約が入れば、その都度、新鮮な食材を買い出しに行って、丁寧に準備するんだそうな。

牛肉はココ、豚肉はココ、魚はココ、野菜はココ・・・って、仕入れ先も決まってるらしい。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

まゆみカフェのこだわりやな~

うん。町のカフェレストランみたいにオシャレではないけれど、きちんと手入れされた、温かくて気持ちの良いお家レストラン。


トモピコくらいの高さがある大きな油絵やかわいいプレートなんかも飾ってあって、いい味出しているんです。


おもてなしゴコロいっぱい!地元のローカルなお家レストラン『まゆみカフェ』♪

メジャーになりすぎたら、「まゆみカフェに気軽に行けなくなるかも・・・」なーんて、ちょっぴり心配してしまったトモピコ。


でも、お気に入りのお店は、やっぱ口コミしたくなるというものっ!ウズウズ~☆


「ほとんどがリピーターさん」と、いうのも納得。そんなファンの気持ち、わかります!



そんなこんなで、知る人ぞ知る隠れ家的お家レストラン「まゆみカフェ」。板宿でイチオシの、ホントは秘密にしておきたいお店なのデス。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

板宿は「いたじゅく」ちゃうで、「いたやど」やで~

さーて、板宿の『まゆみカフェ』、私の口コミレポはいかがでしたか?



あ、そうそう、まゆみカフェのデメリットといっちゃあナンですが、山の住宅街にあるのでアクセスがちょいと不便なの。


最寄の板宿駅から徒歩で坂を上ると30分程かかりそう・・・。お腹ペッコリンで到着するのに、軽~く運動するつもりで行くなら、それもヨシ!

個人的には、行きはタクシーを利用するのがおすすめ。

もし自動車で行くなら、そのへんはあっさりクリアよね。ただ、普通のお家なので、駐車スペースが限られておりまする。


4台までは、なんとか駐車できるようですが、何台も連なって行く場合は、駐車場が空いてるかどうか確認してくださいまし☆



私達は行きはタクシー、帰りはプラプラ~♪腹ごなしも兼ねて、歩いて板宿駅まで降りてきましたよ~ん。

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

3人とも転がった方が早いで!

トモピコトモピコ

。。。

さぁ!気を取り直して、まゆみカフェのアクセスと店舗情報にいってみよっ☆

まゆみカフェ店舗情報

心も体も大満足の美味しさとボリューム!板宿のイチオシ隠れ家ランチ♪まゆみカフェの店舗情報はコチラ。


【住所】〒654-0001兵庫県神戸市須磨区禅昌寺町1-16
【電話番号】078-734-7251
【営業時間】予約があれば営業。基本はランチタイムのみ。夜の食事は要相談。
【席数】約20席
【最寄り駅】山陽電鉄・神戸市営地下鉄「板宿駅」 板宿駅から自動車で約7-8分、徒歩約30分
※念のため事前確認をお願いします。
(2018年6月27日現在の情報)



それでは最後に、まゆみカフェについて、サラッとおさらいしておきましょう♪


まとめ

  • まゆみカフェは板宿の住宅街にある、知る人ぞ知る隠れ家的カフェレストラン。
  • 良い食材を使ったおいしいメニューは、リーズナブルでコスパ度満点♪
  • お家レストランでの美味しいお食事は、寛ぎのランチタイムになること間違いなし!(玄関で靴を脱ぎます)
  • 景色もご馳走♪お天気のいい日は、太平洋や堺のコンビナート、和歌山の双子山まで、見晴らし良好。
  • 日替わりランチメニューは1500円。今回のメニューは、創作料理のおまかせコースで3000円。デザートは別料金
  • 基本はランチタイムのみ営業。要予約!
  • 板宿駅からタクシーに乗るのがおすすめ。駐車場スペースは4台分。




アクセスがちょいと不便だけど、だからこそこの眺めや空気感を楽しめるというもの\(^o^)/


気取らずリラックスして、おいしいお料理を堪能できる『まゆみカフェ』♪

いつまでもここに居たくなる、心地の良いホッコリ☆お家カフェレストランです。

ロケーションの良さ&お店が”民家”っていうのに加えて、オーナー夫婦の醸し出す雰囲気もポイント(o^^o)


夏にかけて、鱧(ハモ)づくしの季節料理のコースや、和食料理オンパレードのメニューもリクエストもできますよ~ん。

冬になると坂越(さこし)の牡蠣コースやフグ料理もあるそうな。

トモピコトモピコ

ヨダレがじゅるるぅぅ~

まゆみカフェは、予約が入った時だけのノホホン営業。ほぼ貸切状態のことも♪


地元っ子もあまり知らない板宿の『まゆみカフェ』。

味もボリュームも◎。食べ応え満点の豪華ランチの口コミ体験レポ、いかがでしたか?


カジュアルだけど、砕けすぎず親しみやすい・・・そんな寛ぎのおもてなしが、美味しいお料理と一緒にあなたを待っていますよ~(((o(*゚▽゚*)o)))

トモピコトモピコ

『まゆみカフェ』リピ決定~!

ツッコミ鳥ツッコミ鳥

ハミゴにせんと、ワシも連れて行ってんか~

そんなん、知らんがな(笑)。次回は日替わりランチを食べに行くぞ~っ☆

ステキな大人の和食ランチならココもおすすめ☆↓↓↓↓↓
『小猿は三宮の大人の隠れ家的日本料理店☆お誕生日会は和食三昧で大満足!』



最後までおつきあい下さいまして、ありがとうございました。またのご来場をお待ちしておりま~す\(^o^)/


当ブログの管理人『トモピコのおっぺけ物語』
看板女優”トモピコ”はこんな人!?
(随時執筆中・・・)